TOPブログ > ラッピングの仕方~スクエア包みに挑戦~

ラッピングの仕方~スクエア包みに挑戦~

 

ラッピングは特別なものではなく、受け取った方に喜んでいただくための演出の手段です。

包むための難しいルールはあまりありません、包み方や形にこだわらず自由に楽しんで下さい。

ただ、基本のテクニックは押さえておくと良いですよね。応用するにも基本ありきですから、

まずは基本の包み方をマスターしてみましょう!

最近では100円ショップでも気軽に包装紙が購入できるので、気軽にチャレンジ出来ますね。

慣れるまでは、新聞紙や模造紙などで練習するのも良いかも知れません。

スクエア包みに挑戦してみましょう

 
sqea_tsutsumi

 

 

「スクエア包み」とは、ペーパーを正方形にカットし、箱をペーパーの対角線上の中央に置いて四方から包む方法です。

通常、正方形の箱または立方体の箱を包みます。

箱を回転させることなく、とじ合わせも一面で済み、きれいに包むことが出来るのが特徴です。

色々なバリエーションも豊富で、色々なラッピングに活用出来ます。

 

箱の高さに合わせた角の入れ込みを美しく処理することがポイントです!

 

ラッピングの手順

 

【 step1 】

まず、紙どり※をしましょう。

※紙どりとはキレイに仕上げるため、箱に合わせてペーパーをカットしておくことです。

紙の中央に箱を置きます。このとき、箱の端から紙の端までが2~3cm程度あるか確かめます。

箱は裏を上にし、ペーパーの中央(対角線上)に置きます。手前のペーパーを箱に沿わせてかぶせます。

 

test

 

【 step2 】

右手でペーパーと箱を押さえながら、右側のペーパーを箱のエッジに沿わせて入れ込み、かぶせます。

 

2_square

 

 

【 step3 】

同じように右側のペーパーも入れ込み、かぶせます。

 

3_square

 

 

【 step4 】

向こう側のペーパーも同じように、両サイドを入れ込みかぶせます。

 

4_square

 

 

【 step5 】

一度かぶせたペーパーを戻し、左右の端をそれぞれ箱の対角線上に折り目がくるように化粧折りをします。

 

5_square

 

 

【 step6 】

向こう側のペーパーの端も、折り筋が箱の中央で交差するように2ヶ所化粧折りをし、両面テープ(またはシール)などを貼って、リボンをかけて完成です。

 

6_square

 

 

 

 

ラッピングのコツは…

ラッピングの仕上がりが美しく見えるには、角の処理が大切です。

内側に折り込む際、角がくしゃっとならないよう注意してください。

この角の処理で、仕上がりが全然違ってきますよ。

 

スクエア包み、是非挑戦してみて下さい。